会社沿革

会社沿革

昭和32年東京都品川区西大井2丁目に精肉販売、食肉加工販売を目的とした大和食品工業株式会社を設立。資本金150万円とする。
昭和35年大田区山王に直売1号店を開店する。
昭和37年神奈川県藤沢市に藤沢工場を開設
昭和39年神奈川県藤沢市に精肉、高級ハムの直売1号店を出店する。
昭和41年品川区南品川に本社工場を移転。「カイゼル」ブランドのハムを販売開始。
昭和42年千葉県千葉市の百貨店に精肉、ハム売り場を出店。
昭和44年千葉市末広町に千葉営業所を開設。
昭和46年湘南食品工業を取得する。資本金1600万とする。
昭和47年ダイワグリーン株式会社を設立。
川崎市野川に3000㎡の土地を取得し、観葉植物の農場を開設。グリーンビジネスをスタートする。
昭和49年株式会社キョーエーフーズを設立。外食産業に参入する。
昭和56年品川区東品川3丁目に現本社工場が完成。高級ハムソーセージの本格生産を始める。
昭和59年埼玉県行田市に埼玉ミートプラントを開設。
昭和60年神奈川県横浜市の百貨店に「松坂牛 大和」を出店。
本社工場が衛生優良工場として、東京都知事賞を受賞する。
愛知県蒲郡市に観葉植物の生産農場を開設。
平成3年資本金を9500万円に増資
平成4年創業者 竹内一三 長年の業界貢献が認められ、黄綬褒章を受賞する。
資本金を1億8000万円に増資。
平成5年大井町駅ビル アトレ内に 高級居酒屋「瑞花」を開店
平成10年本社工場が食品製造における総合衛生管理資格である「HACCP」の認証を厚生労働省より受ける。
平成12年浅草の百貨店内に、デリショップ1号店となる「カイザーデリ」を出店。
平成13年大宮の百貨店内に、高級精肉店「竹紫亭」を出店
世田谷の百貨店に「竹紫亭」「カイザーハム」を出店。
平成14年港南台の百貨店内に、大型高級精肉店「竹紫亭」「カイザーハム」を出店。
平成15年株式会社東北ハムと業務資本提携を行ない、ハムソーセージの生産を増強する。
平成16年横浜の百貨店に「竹紫亭」「カイザーハム」を出店。
平成17年創業者 竹内一三の長年の業界貢献が認められ、「旭日双光章」を受賞する。
日本橋の百貨店に「カイザーハム」を出店。
平成18年株式会社東京三和ハムがグループ入りする。
平成21年神奈川県藤沢市に敷地面積11000㎡の大型工場である「湘南藤沢工場」を開設する。
竹内裕嗣が代表取締役社長に就任。
平成22年ホテル高級惣菜専門会社のミクニハムがグループ入りする。